2018年9月18日火曜日

秋季彼岸会・永代経法要 9月27・28日


 彼の岸、お浄土が最も身近に感じられるお彼岸は、
先にお浄土に往生された大切な方々をしのぶ時でもあり、
そのお浄土を思う時でもあり、
私たち自身がやがてこの世の生を終えた後に行くところとして、
この私が向かう方向をあらためて確かめる時でもあります。

 明遵寺では下記日程にて法要を勤め、ご法話聴聞(仏様のお話)のご縁をいただきます。

【日程】
2018(平成30)年9月27日(木)
 13:30から 秋季彼岸会

2018(平成30)年9月28日(金)
 10:00から 秋季彼岸会
 13:30から 永代経法要

 ※法要(正信偈または阿弥陀経のお勤め)引き続き法話

【講師】
本願寺派布教使 糸島市 松月 英淳 


どうぞお誘い合わせてお参りください。

北九州市八幡東区羽衣町2-5
浄土真宗本願寺派(西本願寺)明遵寺

平和の鐘 9月9日・18日

明遵寺でも「平和の鐘」をつきます

9月9日 9:09~ 9回 明遵寺鐘楼にて

「憲法九条を守り、世界に広げよう」の願いで、9月9日を「九条の日」として、今年もこの日に「平和の鐘」を鳴らします。
 日本の各地でも「9月9日9時9分行動」がそれぞれの創意工夫をこらして開催されます。もちろん、いずれも日本国憲法を守る立場からの行動です。
 明遵寺の「鐘つき」もその一環で撞かれます。
福岡教区時局問題対策協議会


9月18日 13:15~13:20 明遵寺鐘楼にて
 ~千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要にあわせて~


 「千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要」は、宗門として、悲惨な戦争を再び繰り返してはならないという平和への決意を確認するため、毎年9月18日に、東京・国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑において修行されております。

「平和の鐘」「平和宣言」について

千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要では、宗門として恒久平和への願いを新たにするため「平和宣言」を行い、さらに「平和の鐘」を撞きます。
 鐘の響きは、「讃佛偈」に「響流十方」とお示しのように、仏の教えが十方に響き渡ることを願い、仏法を伝えるものとして大切にされてきました。
 「平和の鐘」は、仏のみ教えと、千鳥ヶ淵戦没者墓苑で誓われる平和への決意を、日本国内外に響かせ届けたいという願いのもとはじめられました。
 宗門が一体となって平和への思いを新たにするため、宗派関係各寺におきましても、法要と同時刻(13:15~13:20)に、梵鐘が撞かれます。




2018年8月31日金曜日

親鸞のつどい 9月10日(月)

親鸞聖人のみ教えにふれてみませんか

「親鸞のつどい」は昭和38年より続いているご法座です。
親鸞聖人のみ教えに、より多くの方にふれていただくため、現在は毎月10日に開催しております。
どなた様でもご参加いただけます。

日 時 2018(平成30)年9月10日(月
     午後7:00~8:35
会 場 レインボープラザ(勤労者会館)4階
     北九州市八幡東区中央2-1-1
     ℡ 093-661-7334
会 費 無料(会費は無料ですが、法座継続のためご懇志を承っております)
持ち物 お念珠、聖典(讃仏偈の載っているもの)無い方はお申し出ください。

講 師 大野 弘信 師(築上町 浄徳寺
テーマ 「呼び声」
 ※2018(平成30)年度 講師一覧はこちら

プログラム
 7:00 おつとめ (讃仏偈)
 7:10 法話 (途中休憩10分間)
 8:30 エピローグ 「恩徳讃」斉唱 終了

主 催 親鸞聖人讃仰会・浄土真宗本願寺派八幡東ブロック

2018年8月6日月曜日

親鸞のつどい 8月10日(金)

親鸞聖人のみ教えにふれてみませんか

「親鸞のつどい」は昭和38年より続いているご法座です。
親鸞聖人のみ教えに、より多くの方にふれていただくため、現在は毎月10日に開催しております。
どなた様でもご参加いただけます。

日 時 2018(平成30)年8月10日(金
     午後7:00~8:35
会 場 レインボープラザ(勤労者会館)4階
     北九州市八幡東区中央2-1-1
     ℡ 093-661-7334
会 費 無料(会費は無料ですが、法座継続のためご懇志を承っております)
持ち物 お念珠、聖典(讃仏偈の載っているもの)無い方はお申し出ください。

講 師 神崎 梓美 師(岡垣町 法応寺
テーマ 「阿弥陀さまのおこころをうかがう」
 ※2018(平成30)年度 講師一覧はこちら

プログラム
 7:00 おつとめ (讃仏偈)
 7:10 法話 (途中休憩10分間)
 8:30 エピローグ 「恩徳讃」斉唱 終了

主 催 親鸞聖人讃仰会・浄土真宗本願寺派八幡東ブロック

2018年7月24日火曜日

お盆法要 8月2・3日

盂蘭盆会(うらぼんえ)

「お盆」の別名は「歓喜会(かんぎえ)」。家族や大切な人と顔を合わせることを慶び、阿弥陀さまのお慈悲に出遇えたことを慶ぶ「歓喜」の仏縁の機会に致しましょう。
どうぞお誘いあわせて、ご法座にお参りください。


【日程】
2018(平成30)年8月2日(木)
 13:30から
2018(平成30)年8月3日(金)
 10:00から 13:30から

 ※法要(正信偈のお勤め)引き続き法話

【講師】
本願寺派布教使 行橋市 生土(いづち)昌行 


どうぞお誘い合わせてお参りください。
 
北九州市八幡東区羽衣町2-5
浄土真宗本願寺派(西本願寺)明遵寺

2018年7月18日水曜日

北九州市で「西本願寺の本 仏教書フェア」開催

本願寺出版社では、各地の書店において
「西本願寺の本 仏教書フェア」
をテーマに仏教書フェアを開催しています。
お近くの方はぜひ、お立ち寄りください


福岡県の開催書店

ジュンク堂書店 福岡店

福岡市中央区天神1-10-13 メディアモール天神 B1F~4F TEL092-738-3322
開催期間 2018年6月15日~8月17日迄

ブックセンタークエスト 黒崎井筒屋店

北九州市八幡西区黒崎1-1-1 黒崎井筒屋7階 TEL093-643-5530
開催期間 2018年7月10日~10月15日迄

喜久屋書店 小倉店

北九州市小倉北区京町3-1-1 COLET/I'm 9階 TEL093-514-1400
開催期間 2018年7月15日~8月31日迄

8月8日 戦争犠牲者追悼法要

八幡大空襲の日


戦争犠牲者追悼法要


平成30年8月8日 18:00~18:30
於:小伊藤山公園(Google Map)
勤行『仏説阿弥陀経』


当日は有志僧侶で追悼法要のお勤めを致します。全戦争犠牲者を偲び、非戦平和への思いを新たにしたいと思います。どなたさまでもどうぞお参りください。


【 参 考 】
 太平洋戦末期、米軍が開発し日本の攻撃に投入した爆撃機「B-29」。この爆撃機が投下した爆弾や焼夷弾が日本中の都市を焼け野原にしたのです。この「B-29」が初めて日本本土に飛来してきたのは1944年6月16日。福岡県北九州の上空でした。当時最大の製鉄施設を持つ八幡製鉄所が標的でしたが、大きな被害が出たのは当時の小倉市にあった兵器工場「小倉陸軍造兵廠(ぞうへいしょう)」でした。勤労動員されていた10代を中心とする若者約80人の命が一発の爆弾で奪われたのです。

 その後、終戦間際の1945年8月8日、再び「B-29」が北九州・八幡を襲いました。大量の焼夷弾を今度は無差別に住宅街に投下し、2,500人を超す死傷者が出ました。街の中心にあった防空壕では避難していた300人もの人々が窒息死しました。一回の空襲の犠牲者としては、九州では長崎の原爆に次いで大きいものでした。

 小倉陸軍造兵廠で家族を失った人、八幡大空襲で逃げ惑った人々の証言で綴る「北九州空襲」の記録です。