2018年11月17日土曜日

親鸞聖人 報恩講 12月6日~8日

報恩講(ほうおんこう)とは、浄土真宗を開かれた親鸞聖人の御命日法要に合わせて、私たち浄土真宗の門徒が親鸞聖人のご遺徳を偲び、そのご恩に御礼申しあげる、一年で一番大切な法要です。お誘いあわせて是非お参りください。

【日程】
12月6日(木)
 13:30から
12月7日(金)
 10:00から 13:30から雅楽演奏入
12月8日(土)
 10:00から 13:30から
 法要(「正信偈」のお勤め)引き続きご法話

7日の法要は東筑雅楽会の雅楽演奏入りで勤められます。
※8日正午より「おとき」の接待があります。(参拝の皆さま全員)

【講師】
本願寺派布教使 山口県美祢市 白石 智昭 



また今年は、東筑組33ヶ寺報恩講の参り合い(スタンプラリー)が開催されています。
ご自身の所属寺だけではなく地域の同宗派の報恩講に是非お参り、お聴聞ください。
参拝先寺院では「東筑組 報恩講 参拝ガイド」がもらえますのでどうぞお尋ねください。
東筑組報恩講日程表はこちらから

スタンプを6個以上集めると、ちょっとした記念品の用意があります。
どうぞお誘い合わせてお参りください。
 
北九州市八幡東区羽衣町2-5
浄土真宗本願寺派(西本願寺)明遵寺

2018年11月6日火曜日

親鸞のつどい 11月10日(土)

親鸞聖人のみ教えにふれてみませんか

「親鸞のつどい」は昭和38年より続いているご法座です。
親鸞聖人のみ教えに、より多くの方にふれていただくため、現在は毎月10日に開催しております。
どなた様でもご参加いただけます。

日 時 2018(平成30)年11月10日(土
     午後7:00~8:35
会 場 レインボープラザ(勤労者会館)4階
     北九州市八幡東区中央2-1-1
     ℡ 093-661-7334
会 費 無料(会費は無料ですが、法座継続のためご懇志を承っております)
持ち物 お念珠、聖典(讃仏偈の載っているもの)無い方はお申し出ください。

講 師 大野 弘信 師(築上町 浄徳寺
テーマ 「無碍の一道」
 ※2018(平成30)年度 講師一覧はこちら

プログラム
 7:00 おつとめ (讃仏偈)
 7:10 法話 (途中休憩10分間)
 8:30 エピローグ 「恩徳讃」斉唱 終了

主 催 親鸞聖人讃仰会・浄土真宗本願寺派八幡東ブロック

2018年11月1日木曜日

災害復興支援の街頭募金に参加


 明遵寺の所属する東筑組(とうちくそ)の仏教婦人会連盟では、毎年ダーナ(自分でできる施しの実践)に基づく募金活動を行っております。
 今年は、10月30日の午後、八幡西区黒崎駅前のデッキで、最近続いている自然災害に対する復興支援の募金活動。参加者は、東筑組33ヶ寺の仏教婦人会他寺院関係者200名程で、交代でデッキに立ち、支援の協力を呼び掛けました。

 「平成30年7月豪雨災害」の被害は甚大ですし、9月4日には台風21号が上陸、6日には北海道胆振東部地震が立て続けに起こりました。
 振り返って6月18日には大阪府北部地震もあり、熊本地震やそれ以前の災害復興もまだ支援が必要な中、新たな災害が次々と起きています。

 この度は、送金先を本山社会部「たすけあい運動募金」とし、各種災害支援の一助としていただきたいと思っています。

2018年10月1日月曜日

親鸞のつどい 10月10日(水)

親鸞聖人のみ教えにふれてみませんか

「親鸞のつどい」は昭和38年より続いているご法座です。
親鸞聖人のみ教えに、より多くの方にふれていただくため、現在は毎月10日に開催しております。
どなた様でもご参加いただけます。

日 時 2018(平成30)年10月10日(水
     午後7:00~8:35
会 場 レインボープラザ(勤労者会館)4階
     北九州市八幡東区中央2-1-1
     ℡ 093-661-7334
会 費 無料(会費は無料ですが、法座継続のためご懇志を承っております)
持ち物 お念珠、聖典(讃仏偈の載っているもの)無い方はお申し出ください。

講 師 宗 秀融 師(福岡市 真正寺
テーマ 「阿弥陀様のお目当て」
 ※2018(平成30)年度 講師一覧はこちら

プログラム
 7:00 おつとめ (讃仏偈)
 7:10 法話 (途中休憩10分間)
 8:30 エピローグ 「恩徳讃」斉唱 終了

主 催 親鸞聖人讃仰会・浄土真宗本願寺派八幡東ブロック

2018年9月18日火曜日

秋季彼岸会・永代経法要 9月27・28日


 彼の岸、お浄土が最も身近に感じられるお彼岸は、
先にお浄土に往生された大切な方々をしのぶ時でもあり、
そのお浄土を思う時でもあり、
私たち自身がやがてこの世の生を終えた後に行くところとして、
この私が向かう方向をあらためて確かめる時でもあります。

 明遵寺では下記日程にて法要を勤め、ご法話聴聞(仏様のお話)のご縁をいただきます。

【日程】
2018(平成30)年9月27日(木)
 13:30から 秋季彼岸会

2018(平成30)年9月28日(金)
 10:00から 秋季彼岸会
 13:30から 永代経法要

 ※法要(正信偈または阿弥陀経のお勤め)引き続き法話

【講師】
本願寺派布教使 糸島市 松月 英淳 


どうぞお誘い合わせてお参りください。

北九州市八幡東区羽衣町2-5
浄土真宗本願寺派(西本願寺)明遵寺

平和の鐘 9月9日・18日

明遵寺でも「平和の鐘」をつきます

9月9日 9:09~ 9回 明遵寺鐘楼にて

「憲法九条を守り、世界に広げよう」の願いで、9月9日を「九条の日」として、今年もこの日に「平和の鐘」を鳴らします。
 日本の各地でも「9月9日9時9分行動」がそれぞれの創意工夫をこらして開催されます。もちろん、いずれも日本国憲法を守る立場からの行動です。
 明遵寺の「鐘つき」もその一環で撞かれます。
福岡教区時局問題対策協議会


9月18日 13:15~13:20 明遵寺鐘楼にて
 ~千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要にあわせて~


 「千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要」は、宗門として、悲惨な戦争を再び繰り返してはならないという平和への決意を確認するため、毎年9月18日に、東京・国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑において修行されております。

「平和の鐘」「平和宣言」について

千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要では、宗門として恒久平和への願いを新たにするため「平和宣言」を行い、さらに「平和の鐘」を撞きます。
 鐘の響きは、「讃佛偈」に「響流十方」とお示しのように、仏の教えが十方に響き渡ることを願い、仏法を伝えるものとして大切にされてきました。
 「平和の鐘」は、仏のみ教えと、千鳥ヶ淵戦没者墓苑で誓われる平和への決意を、日本国内外に響かせ届けたいという願いのもとはじめられました。
 宗門が一体となって平和への思いを新たにするため、宗派関係各寺におきましても、法要と同時刻(13:15~13:20)に、梵鐘が撞かれます。




2018年8月31日金曜日

親鸞のつどい 9月10日(月)

親鸞聖人のみ教えにふれてみませんか

「親鸞のつどい」は昭和38年より続いているご法座です。
親鸞聖人のみ教えに、より多くの方にふれていただくため、現在は毎月10日に開催しております。
どなた様でもご参加いただけます。

日 時 2018(平成30)年9月10日(月
     午後7:00~8:35
会 場 レインボープラザ(勤労者会館)4階
     北九州市八幡東区中央2-1-1
     ℡ 093-661-7334
会 費 無料(会費は無料ですが、法座継続のためご懇志を承っております)
持ち物 お念珠、聖典(讃仏偈の載っているもの)無い方はお申し出ください。

講 師 大野 弘信 師(築上町 浄徳寺
テーマ 「呼び声」
 ※2018(平成30)年度 講師一覧はこちら

プログラム
 7:00 おつとめ (讃仏偈)
 7:10 法話 (途中休憩10分間)
 8:30 エピローグ 「恩徳讃」斉唱 終了

主 催 親鸞聖人讃仰会・浄土真宗本願寺派八幡東ブロック