2017年9月22日金曜日

秋季彼岸会・永代経法要 勤まりました

お彼岸には少し早めの日程でしたが、9月18日・19日に、明遵寺「秋季彼岸会」並びに「永代経法要」が勤まりました。
前日は台風18号の影響があり、天気の心配がありましたが、両日とも穏やかな天気に恵まれ、皆様の参拝をお迎えできました。
この度は両日お参りいただく方も多かった印象、ご縁を有り難く感じております。

ご講師は、大分県中津市より、松嶋智譲師
彼岸会のご讃題は
如来の作願(さがん)をたづぬれば
苦悩の有情(うじょう)をすてずして
回向(えこう)を首(しゅ)としたまひて
大悲心をば成就(じょうじゅ)せり
『正像末和讃』より

お昼は、明遵寺仏教婦人会の手作りです


0 件のコメント:

コメントを投稿