2018年11月17日土曜日

親鸞聖人 報恩講 12月6日~8日

報恩講(ほうおんこう)とは、浄土真宗を開かれた親鸞聖人の御命日法要に合わせて、私たち浄土真宗の門徒が親鸞聖人のご遺徳を偲び、そのご恩に御礼申しあげる、一年で一番大切な法要です。お誘いあわせて是非お参りください。

【日程】
12月6日(木)
 13:30から
12月7日(金)
 10:00から 13:30から雅楽演奏入
12月8日(土)
 10:00から 13:30から
 法要(「正信偈」のお勤め)引き続きご法話

7日の法要は東筑雅楽会の雅楽演奏入りで勤められます。
※8日正午より「おとき」の接待があります。(参拝の皆さま全員)

【講師】
本願寺派布教使 山口県美祢市 白石 智昭 



また今年は、東筑組33ヶ寺報恩講の参り合い(スタンプラリー)が開催されています。
ご自身の所属寺だけではなく地域の同宗派の報恩講に是非お参り、お聴聞ください。
参拝先寺院では「東筑組 報恩講 参拝ガイド」がもらえますのでどうぞお尋ねください。
東筑組報恩講日程表はこちらから

スタンプを6個以上集めると、ちょっとした記念品の用意があります。
どうぞお誘い合わせてお参りください。
 
北九州市八幡東区羽衣町2-5
浄土真宗本願寺派(西本願寺)明遵寺

0 件のコメント:

コメントを投稿